ワタリガニ(ガザミという別名もあります。体が大きく、とげがあるのが特徴です)がどのようなカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)かっていうと、ワタリガニ(生きたまま料理する時には、はさみが使えないように固定しておかないと、自分で自分の脚を切ってしまうのだとか)科に属するカニの一種ガザミの別名です。 ワタリガニ(とても美味だということで知られていますね)と言った呼び名は、脚を巧みに操って泳ぐ美しい姿から付けられたと言われていて、ガザミよりもワタリガニの方が広く知られています。 日本では、北海道から九州まで広い範囲で生息していて、しかも、旬が年に2回も存在します。 5月〜9月の春から初秋にかけては、オスのワタリガニが旬を迎えます。 この頃のオスは身がしっかりと詰まっていらっしゃいますから、ほのかに甘いカニの身の味を存分に楽しめるでしょう。 また、1月〜2月の冬の時期はメスが旬です。 カニ味噌やお腹の中の卵巣(内子)の濃厚な味をたっぷりと楽しむことができますよ。 時期によって、食べ比べてみると良いですね。 ちなみに、ワタリガニは卵を抱いているメスのほうが値段も高くなっています。 それに、ワタリガニ(ガザミという別名もあります。体が大きく、とげがあるのが特徴です)は死んでしまうと味がどんどん落ちてしまうので、活きているものを手にいれるのがおいしく食べる条件ですー